いよいよ、お茶の水女子大学附属幼稚園の検定の日がやってきました。本日は1次検定の大抽選会です。申込は前日のみで午前・午後数時間とこれまた厳しい条件となっています。申込も検定の一部となっているのでしょうね。

会場となっている大学の講堂に入ると、好きな場所に座るように言われました。前の方はおそらくガチ勢の「練」による大量のオーラがあふれているので、あてられないように後ろの方に座ることにしました。更に念の為不用意な攻撃をくらわないように「絶」の状態を保っていました。

1次検定は、男女・年齢ごとの4部構成となっています。同じ時間帯に会場にいるのは、全員ライバルとなる人達ですので、あまり和むと抽選結果によっては微妙な空気になるので、おとなしくしておきました。

開催時間になると、副園長による司会進行で抽選会が始まります。ルール説明の後、イカサマ防止のための立会人が、会場の参加者から2名選ばれます。2名の立会の元、抽選機が用意され大抽選会がはじまります。

ルールは、1から100までの数字が書かれたくじを引いて下2桁が一致する番号が合格となります。たとえば1を引くと、1番、101番、201番が通過という具合です。これを通過者が60人以上になるまで繰り返します。この番号は前日の申込時に、順に割り振られます。ですので、抽選結果は前日の並び順ですでに決まっていると言うことになります。ちなみに、3歳男児の申込は220人なので、30%弱の通過率となります。

およそ30分ほどで抽選は終了し、通過する60個の番号が決定しました。そして、結果はと言うと…

なんと通過してしまいました。

その後、郵便局での振込と住民票の取得をして帰宅しました。
文京区民であれば、住民票は大学そばにある区民サービスセンターを利用するのがおすすめです。

おまけ 当選番号一覧

抽選順に、
94, 48, 44, 81, 77, 22, 3, 80, 42, 71, 15, 12, 72, 74, 23, 51, 83, 68, 8, 90, 91, 36, 76, 17, 9, 70, 39
でした。

十の位当選番号
03, 8, 9
112, 15, 17
222, 23
336, 39
442, 44, 48
551
668
770, 71, 72, 74, 76, 77
880, 81, 83
990, 91, 94

十の位別では、70番台の多さが際立っています。2位の3種類の倍のスコアを叩き出しました。また、通過のない数字はなかったので、うまいことばらけたとも言えそうです。前後半も均等に別れてますので、70番代に吸い取られた50、60番台という構図になっています。

一の位当選番号
0
70, 80, 90
151, 71, 81, 91
212, 22, 42, 72
33, 23, 83
444, 74, 94
515
636, 76
717, 77
88, 48, 68
99, 39

一の位別では、飛び抜けた数字はありませんでしたが、72番はこちらでも1位のグループに入っています。今年の大当たり番号でしたね。偶数と奇数では15個と12個で少し偏りが出ました。

一 or 十の位当選番号
03, 8, 9, 70, 80, 90
112, 15, 17, 51, 71, 81, 91
212, 22, 23, 42, 72
33, 23, 36, 39, 83
442, 44, 48, 74, 94
515, 51
636, 68, 76
717, 70, 71, 72, 74, 76, 77
88, 48, 68, 80, 81, 83
99, 39, し90, 91, 94

次は、下二桁に特定の数字が出たら、を見てみます。
こちらでも7が強いですが、十の位の強さなので、特別感はありません。逆に5の少なさが目立っています。下2桁に5があったら…。もう何も言えねー。

ゾロ目「22, 44, 77」
ゾロ目10種類中3つなので、確率上は期待値通りの結果と言っていいでしょう。ゾロ目のような特殊な数字はなんとなく確率が低そうな気がしてしまいますが、あきらめることはないですね。

素数「3, 17, 23, 71, 83」
100以下の素数25個の内5つが当選しています。期待値を少し下回っています。素数にあたってしまったら、割り切れない話ですね。なんつって。

何の参考にもならないですが、少し数字で遊んでみました。